エディストクローゼット サイズ

エディストクローゼットのサイズ展開は?「S・M・F」サイズを間違わないために!

エディストクローゼットのサイズ展開は?「S・M・F」サイズを間違わないために!

エディストクローゼットのサイズ展開は、他とはちょっと違う「ゆったりサイズ」になっています。これはエディストクローゼットの“こだわり”の一つである「体型カバー」から考えられたサイズ展開になっているわけです。そのため、特にウエスト周りなど気になる部分を美しくカバーしながら着こなすことができるんです。

エディストクローゼット
3ヶ月
【レギュラープラン】がお得!
>>>詳細はこちら<<<

今なら、往復送料・クリーニング代が
全て無料になっています。お見逃しなく!

Top

エディストクローゼットのサイズ展開は体型カバーから!

エディストクローゼットのサイズ展開は?「S・M・F」サイズを間違わないために!

「エディストクローゼットのサイズ展開は体型カバーから!」ということで、エディストクローゼットが注目される理由の一つでもある「サイズ」について紹介します。

実は・・・

エディストクローゼットの「サイズ」展開は、「体型カバー」という“こだわり”と密接に関係しているんです。

そこでまずは、エディストクローゼットの“Q&A”にある「取扱いサイズについて」4つの“こだわり”にある「体型カバー」について紹介していきます。

Top

「取扱いサイズについて」では!

エディストクローゼット公式サイトにある“Q&A”の取扱いサイズについて」では、この様に書かれています。

取扱いサイズについて

商品によってフリーサイズ展開のもの、S、Mサイズ展開のものをご用意しております。 できるだけ多くの皆様にサービスをお楽しみいただけるよう、サイズ表記がSの商品はS〜M、Mの商品はM〜Lのサイズ感となっております。
また、フリーサイズの商品は標準的な体型の成人女性の方であれば、ほとんどの方が着ることができます。

引用元:
エディストクローゼット「よくあるご質問」

お分かりの通り、エディストクローゼットの「サイズ展開」は・・・

・「Sサイズ」の表記:【S】〜【M】
・「Mサイズ」の表記:【M】〜【L】
・「フリーサイズ」:標準的な体型の成人女性

の3つのサイズ展開になっています。
※残念ながら、今のところ【L】サイズ以上は取り扱っていません。

ということは、各アイテムの詳細ページで、例えば「Mサイズ」と表記されていても【M】〜【L】のサイズ感になっているというわけです。

エディストクローゼットでは、このような「ゆったりサイズ」を展開することで、この後に紹介する4つの“こだわり”にある「体型カバー」を実現しているわけです。

Top

こだわりの「体型カバー」について

それでは、エディストクローゼットの「体型カバー」について紹介します。

エディストクローゼットには、他とは違う『4つの“こだわり”』があります。それがこれです。

・ポイント1:多彩なシーンで活躍
・ポイント2体型カバー
・ポイント3:すぐれた機能性
・ポイント4:トレンド感

この中で、ポイント2「体型カバー」では、このような“こだわり”が書かれています。

ポイント2:体型カバー

二の腕、ウエスト周りなど気になる部分を美しくカバー。
脚長効果など、スタイルアップの工夫も施しています。

引用元:
エディストクローゼット公式サイト

エディストクローゼットを利用している年代としては、20代後半から30代の仕事と子育てで毎日が忙しいワーキングマザー(ワーママ)がメインで、もちろん、独身の方から上は40代50代の方まで大変に人気があります。

そして、この年代にとって大きな悩みの一つが自分の「体型」になります。

・出産を機に体型が変わった!
・30歳を過ぎてからお腹周りが気になってきた!
・暴飲暴食でSサイズが無理な体型になった!

などなど、30代40代女性にとって体型サイズ選びは大きな悩みでもあります。

そこで、エディストクローゼットの洋服は、「体型カバー」という“こだわり”を持ってデザインされ、「サイズ展開」もエディストクローゼットならではの「ゆったりサイズ」の表記になっているわけです。

Top

こんな工夫でウエスト周りをカバーしています。

それでは、実際にどんなデザインで「体型カバー」を実現させているのか見てみます。

実は、エディストクローゼットの洋服は「ウエストの背面がゴム仕様のデザイン」になっているんです。

実際には、こんな感じです。

【Bセット】旬スタイルを即完成させるトレンドセット

●タック入りワイドパンツ

エディストクローゼットのサイズ展開は?「S・M・F」サイズを間違わないために!

【Eセット】通勤コーデに差がつくこなれ色スーツセット

●グレータック入りパンツ

エディストクローゼットのサイズ展開は?「S・M・F」サイズを間違わないために!

もちろん、パンツだけでなくスカートも同じように背面がゴム仕様のデザインになっています。

だから、「Mサイズ」と表記されていても『【M】〜【L】』のサイズ感があるわけです。

また、背面がゴム仕様であることで、前から見たときにスッキリとした美しいスタイルを演出してくれる効果もあるわけです。本当に、よく考えられたデザインだと思います。

Top

「S・M・F」サイズを間違わないために!

エディストクローゼットのサイズ展開は?「S・M・F」サイズを間違わないために!

さて、公式サイトにある「取扱いサイズについて」の項目には、最後にこのような「但し書き」が書かれています。

なお、サイズを理由とした交換やキャンセルはお受けしかねますので、商品の詳細ページにてご確認くださいますようお願いいたします。

なので、いくら「ゆったりサイズ」と言っても、「S」と「M」でサイズを間違えて申し込んでしまうと交換やキャンセルが効きません。

という事は、1ヶ月間、そのサイズで乗り切るしかありませんので、サイズはしっかりと確認する必要があります。・・・当然ですね!

そこで、「S・M・F」サイズを間違わないために、エディストクローゼットの公式サイトにある「サイズガイド」と、「Aセット」の詳細ページにある「サイズ表記」を実際に照らし合わせて確認してみます。

「サイズガイド」とは

この「サイズガイド」は、各アイテムの詳細ページから確認することが出来ます。サイズ表の右下に「サイズガイド」とありますので、タップ(クリック)すると図解で分かり易く確認することが出来ます。

「サイズガイド」の図解はこんな感じです。

エディストクローゼットのサイズ展開は?「S・M・F」サイズを間違わないために!

サイズ表記にある各「名称」はほとんど知っていると思いますが、でも、どこからどこまでの寸法なのかしっかりと確認して下さい。

例えば、エディストクローゼットでレンタルする洋服の「ゆき丈」は、『「後ろ衿の中心から袖口まで」の寸法なんだ!』と図解を見ながらしっかりと目で確認して下さいね。

「Aセット」の各アイテムのサイズ表

ここでは例題として、「Aセット」の詳細ページでサイズを確認してみます。

「Aセット」の詳細ページにある「セット内容」を見ると、この様にレンタルできる各アイテムが並んでします。

「スマホ」では・・・

エディストクローゼットのサイズ展開は?「S・M・F」サイズを間違わないために!

「PC」では・・・

エディストクローゼットのサイズ展開は?「S・M・F」サイズを間違わないために!

ここから、各アイテムの詳細ページを確認することが出来ます。特に、「S」と「M」のサイズ表記はしっかりと確認して下さい。何度も言いますが、一般的な洋服を買う時のあなたのいつもの購入サイズとは若干違う部分もありますので、良く確認して下さい!

ちなみに、「Aセット」の各アイテムのサイズ表はこんな感じです。

「2WAYネイビーブラウス」のサイズ表

エディストクローゼットのサイズ展開は?「S・M・F」サイズを間違わないために!

「アシメトリーエアリースカート」のサイズ表

エディストクローゼットのサイズ展開は?「S・M・F」サイズを間違わないために!

「マニッシュワイドパンツ」のサイズ表

エディストクローゼットのサイズ展開は?「S・M・F」サイズを間違わないために!

「ストライプブラウジングワンピース」のサイズ表

エディストクローゼットのサイズ展開は?「S・M・F」サイズを間違わないために!

見てお分かりの通り、「前総丈」「背面総丈」「肩幅」・・・と、かなり細かなサイズ表記がされていることが分かります。

中でも、パンツ、スカート、ワンピースの「ウエスト」サイズは、「S・M・F」ともにサイズ幅にゆとりを持たせていますので、しっかりと確認して下さい。

Top

身長155cmの中肉中背でなので、ゆったり着こなしたい!

「身長155cmの中肉中背でなので、ゆったり着こなしたい!」

こんな感じで洋服を選ぶことってありますよね。ただ、ネットの場合は試着ができないので、着てみた感じのサイズ感を確かめることができません。

例えば、胸が大きい方は、同じサイズでも「身幅」が問題になってきます。

エディストクローゼットのサイズ展開は、「S」サイズ表記が「S〜Mサイズ」、「M」サイズ表記が「M〜Lサイズ」と「ゆったりサイズ」が大きな特徴になっています。

ただ、サイス表記でしっかり確認してほしいことがあるので、ここで簡単に紹介ておきます。

パンツやスカートの「ウエスト」サイズ表記で!

「Aセット」のコーデセットにある「スカート」と「パンツ」で、「ウエスト」サイズを比較してみます。

例えば、ウエスト「73cm」の方が、最初に「スカート」のサイズ表記を見ると、「S」サイズがちょうど真ん中くらいなので良さそうなサイズ感にあるのが分かります。

■パウダーピンクミモレ丈スカート
ウエスト「S」:63〜81cm ←★「73cm」
ウエスト「M」:66〜84cm

ところが、パンツで「S」サイズを確認してみると、結構ピチピチなサイズ感になってきます。

■ダークグリーンタックワイドパンツ
ウエスト「S」:64〜74cm ←★「73cm」
ウエスト「M」:67〜77cm

ラウスの「肩幅」と「身幅」のサイズ表記で!

「Bセット」のコーデセットにある2つの「ラウス」で、「肩幅」「身幅」のサイズを比較してみます。

どちらのブラウスも、フリーサイス(「F」サイズ)になります。

■グレーVネックブラウス
肩幅:50.0cm
身幅:50.5cm

■カーキスキッパーシャツ
肩幅:44.0cm
身幅:49.0cm

もちろん、洋服のデザインが違いますから、サイズの数字だけで比較するのが難しいです。

ただ、「肩幅」で「6.0cm」、「身幅」で「1.5cm」の差があります。特に、「身幅」は「バスト」サイズになるので実質「3.0cm」の違いになってきます。

なので・・・

「身長155cmの中肉中背でなので、ゆったり着こなしたい!」という方の場合、「M」サイズがゆったり着ることが出来そうです。

でも・・・

それぞれのコーデセットにセットされた、トップス、ボトムス、ワンピースのサイズ表記だけで判断せず、あなたの今の体型もしっかり計測しておくことをおすすめします。

Top

タイト目で着たいか? ゆったり目で着たいか?

エディストクローゼットのサイズ展開は?「S・M・F」サイズを間違わないために!

ここでは、“一般的な”洋服選びで、着るアイテムによって「タイト目で着たいか?」「ゆったり目で着たいか?」を考察してみます。

エディストクローゼットの場合、10種類以上あるコーデセットから好みの1セットを選びます。そのセットの中に、ジャケットやシャツがセットになっているものもありますので、参考にして頂ければと思います。

例えば、洋服のアイテムで「Tシャツ」「ボタンシャツ」「ジャケット」「コート」を思い浮かべて見て下さい。定番のアイテムになりますね。

さて、この4つのアイテムの着こなしを考えた時、「タイト目で着たいか?」「ゆったり目で着たいか?」、あなたはどちらですか?

ちなみに・・・

ここからは、管理人の好みになってしまいますが、参考までにお話しします。

「Tシャツ」と「ジャケット」なら「ゆったり目で着たい」となります。「コート」になると「タイト目で着たい」寄りになってきます。「ボタンシャツ」はその中間くらいになりますかね。

あなたの場合はどうですか?

エディストクローゼットの場合は10種類以上のコーデセットから1セット選ぶわけですが、選ぶ基準として「サイズ」感だけでなく、各アイテムの「着こなし」から「タイト目で着たいか?」「ゆったり目で着たいか?」といったあなたの好みを加えて選んでみることもおススメします。

Top

サイズは「ヌードサイズ」を基準に選ぶ!ヌードサイズの測り方は?

さて、エディストクローゼットのサイズについて、ここまでいろんな切り口で紹介していきましたが、最後に「ヌードサイズ」について紹介します。

ファッションの好きな方はご存知だと思いますが、洋服の「サイズ」選びは『ヌードサイズ(服を身に付けていない身体のサイズ)』を基準に選ぶのが基本になります。

つまり、エディストクローゼットのサイズ表記も一般的なブラン服のサイズ表示も、洋服のそのもののサイズ(寸法)を指しているのではなく、その洋服を着る人の「身体のサイズ」を指しているんです。

だから、『ヌードサイズ』って言うんです。

『ヌードサイズ』の測り方は?

エディストクローゼットのサイズ展開は?「S・M・F」サイズを間違わないために!
出典:学校法人 モード学園

■バスト
バストトップのところで一周させ測ります。直立で立った状態で、乳房のもっとも膨らんでいる乳首の上を水平に通るようにして測ります。採寸するときは、腕は下ろした状態で測ります。

■ウェスト
一番くびれているところで一周させ測ります。直立で立った状態で、腰まわりのもっとも細い部分で測ります。採寸するときは、腕は下ろした状態で測ります。

■ヒップ
ヒップラインの頂点で一周させ測ります。直立で立った状態で、尻の最も盛り上がった部分で測ります。一番張っている部分では測るのでははく、図にあるラインで測ります。

■肩幅
首の後ろの付根から肩と腕の付け根までを測り2倍した寸法になります。首の後ろの付根は、首を前に倒したときに骨がの出るとことになります。肩と腕の付け根は、肩を指で押して骨が出っぱている部分になります。

洋服のサイスには「S」「M」「L」、「7号」「9号」「11号」、「9AR」「9YR」「9ABR」といろんなサイズ表記がありますが、すべて『ヌードサイズ』なんです。

そのため、洋服を選ぶときは、どうしても体型の変化があるので『購入の度に測る』ようにするのがいいんです。

エディストクローゼットはレンタルサービスなので、サービスの申し込みをする前に、あなたの『ヌードサイズ』を測ってから「サイス」を選ぶことをおすすめします。

Top

まとめ

『エディストクローゼットのサイズ展開は?「S・M・F」サイズを間違わないために!』ということで、エディストクローゼットの「サイズ展開」は「体型カバー」のデザインから考えられたサイズ表記になっていることが分かって頂けたと思います。

ここでもダメ押しで言いますが、サイズは、各アイテムのサイズ表とサイズガイドの図解を照らし合わせて、しっかりと確認して下さい!

「ゆとりサイズ」が嬉しいエディストクローゼットの詳細はこちら

EDIST. CLOSET

Top

エディストクローゼットのサイズ展開は、他とはちょっと違う「ゆったりサイズ」になっています。これはエディストクローゼットの“こだわり”の一つである「体型カバー」から考えられたサイズ展開になっているわけです。そのため、特にウエスト周りなど気になる部分を美しくカバーしながら着こなすことができるんです。

【カテゴリ】
季節コーデ /  これはお得 /  利用コラム /  口コミ感想